結婚指輪の購入は一大イベント|喜んでもらえる幸せプレゼント選び

花嫁

門出はプラチナリングで

リング

その人気のわけとは

結婚指輪で好まれるのは、プラチナを使ったものです。その人気のポイントは、まず耐久性が高いことです。摩擦に強く傷つきにくいので、その美しさは大変長持ちします。何かとダメージを受けやすい日常生活の中で、安心して着け続けるためには大切なことになります。次に、美しい白い光沢です。人気の石であるダイヤモンドはその透明性が特徴ですが、それゆえに結婚指輪の金属の色に影響されてしまいます。白いプラチナならばダイヤモンドが色づいて見えることもなく、その魅力を損なうことがありません。また、産地、産出量とも限られるプラチナの希少性の高さも挙げられます。その珍しさから、一生の結婚の記念にするのにぴったりというわけです。

ダメージに強いのが特徴

プラチナは、本来重くて柔らかい金属です。化学的に安定した物質で、耐熱性が高い、酸化や変質に強いなど、高耐久性が特徴で結婚指輪には向いている素材と言えます。そして、その素材にプラチナが実際どれくらい含まれているかを示すものが、純度です。Pt850といった表記で示され、この場合は全体のうち85%がプラチナである、という意味になります。この純度によって、その価格や加工の難度が異なります。純度が低いものはそれだけ値段が下がり、かつ傷がつきにくく加工がしやすいです。一般的には高いものほどいいと考えられがちですが、結婚指輪でプラチナのものを選ぶ際は、丈夫で値も張らないPt850くらいのものがおすすめと言えます。